So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

スプリングハズカム

IMG_0178.jpg
開花するころに出来たらいいなあ・・と少しずつ描いていたらもう描くところがなくなっていた。

気がついたらすでに満開になっていました・・・・・笑



IMG_0148.jpg
オマケ・・これも故郷の風景



故郷の夕暮れ2

IMG_0150 のコピー.jpg
もう1枚・・



故郷の夕暮れ

IMG_0147.jpg
を、描いてみました。



BLUE MOSES

IMG_0139 のコピー.jpg
コースターをはじめ、ずっとかっちりした線を描いてきたのでその反動でしょうか・・

自分自身けっこう大きい振れ幅で原点回帰といいますか、こんな絵を描きました。

パースはまるっきりデタラメだけどイメージの方を大事にしました。




ブルースハープ

IMG_0132 のコピー.jpg
ギター、ピアノ、サックス等々いろんな楽器のプレイヤーがアドリブを演奏するけれど
ブルースハープの音が一番かっこいいと思うな・・・




ブルータイル

IMG_0127.jpg
ベニヤタイル、コースターやテーブルに描いた絵のテイスト、残った色・・・

最近の流れの中で出来ました。

日々いろんな発見やひらめきがあって面白いです。


気がつけば

IMG_0115 のコピー.jpg
音楽家を描こうと思う時・・つい描いてしまう

1年に1回はこのひとを描いている気がする・・・

なんだろうなぁ・・・



スーパーカブ

IMG_0105.jpg
1枚、忘れてました・・

カブを愛してやまない飲み友達から冗談で「是非、スーパーカブの絵を1枚!」と言われていて
じゃあ描いてみるかと先週の日曜日に描いてみたのがきっかけで、今週の一連の作品につながってます。

花村萬月の小説「たびを」は、主人公がスーパーカブで全国を放浪するというお話で自分もいつかはそんな旅がしてみたいなぁと思ったものでした。

ビジネス用と捉えがちだけど、よくよく考えれば燃費もよく頑丈で下道をゆっくりと旅をするには最適なバイクです。そんなところからカッコよくカスタマイズして乗ってる愛好家のみなさんもたくさんいらっしゃるようです、飲み友達の男もそういう中のひとりです。

ワタクシ、生まれて初めて乗ったバイクがスーパーカブでした。中学生でした。
16歳になって原付免許を取り、親父のカブで新聞配達に使ったりツーリングしたりしたものです。

当時はスクーターが出始めて(ヤマハのパッソルが人気だった)スーパーカブを乗ってる自分がジジ臭くて恥ずかしいなあと思ってたんだけど時代は変わるものですね。

スクーターはいろんな変貌をとげて大型スクーターが流行ってたこともあったけど、スーパーカブだけはその名前とともに今も存在してる。

変わらない良さってのがあるんですね、質実剛健!ってとこですか。

当時は原付はノーヘルだったので海岸沿いを走ると風が気持ち良かったのを思い出しますね。

いつか自分もまた乗ってみたい♫




前の10件 | -